学校のブラジリアンの積極性から学んだ。英語は発音とか文法よりも伝えたい熱い気持ちが1番大切だと思う話

こんにちは。

海外フリーターです。

さて、本日の記事は日本人の永遠のテーマ英語についてです!

自分が留学していた時の話を元にこの記事を書きたいと思います。

僕が初めてオーストラリアに留学したのは15歳の時。

*この写真は24歳の時だけど許してw

日本の中学を卒業した直後にオーストラリアの現地の高校に進学する為に高校準備コースがある語学学校に入学した。

自分のクラスはアジア人だけじゃなくてヨーロピアンや南米勢もいて、大体20人くらいの生徒と一緒に授業を受けていた。

そこでいつも思っていたのはアジア人はライティングは得意だけどスピーキングは苦手。

逆に南米勢は(特にブラジリアン)はライティングは全く駄目だけどスピーキングは上手に聞こえる。

確認したいことがある。

自分は上手と言ってない。

上手に聞こえるって言っただけ。

なぜここはあえて上手に聞こえると書いたのかというと彼らの文法がめちゃめちゃパラダイスだったから笑

当時英語がまったくできなかった自分が言うのもなんですが…

正直、クラスメイトのブラジリアンは発音も文法も本当に酷かった笑

-Me coming from the Brazil on last week because I wanna talking the English very great!

(訳すと→私は先週ブラジルから来ました。英語を上手く話せるようになりたいからです。ってことかな?)

ツッコミどころ満載すぎるから全てスルーしたい。

でも不思議なことに、このめちゃめちゃなイングリッシュが普通にオーストラリア人の先生に通じてて彼らの熱いパッションやばいなって思った笑

なんなら彼らの熱いラテンの血が騒ぎ、気合と根性で文法のミスを乗り越えるのを何度も見かけた笑

彼らはいつも先生から文法を直され続け、時には英語ができる心のない生徒達から笑われ馬鹿にされていた。

しかし、彼らは周りに何を言われようと積極的にガンガンめちゃくちゃな文法で話し続けた笑

その結果、不思議と卒業する頃には消極的な生徒に比べ英語がケタ違いに上手くなった。

積極性が功を奏したのか文法も同時にめっちゃ成長してて、さすがブラジリアン!うぇい!ってなった笑

話はそれるけど、全員じゃないけどブラジリアンってサッカーも、女の子に対しても全部積極的でそのハングリーな姿勢カッコイイと思う。

クラブ行っても恐れずにガンガン女の子にナンパして断られても諦めず他の子を探すのがブラジリアン!

いいと思う!

そのハングリー精神が英語を話す時にも生きてて本当にイケてる!

だいぶ話がそれました。本題にもどりましょう!笑

さて皆さんに質問です!

自分の英語に自信ありますか?

ネイティブとの会話を楽しんでいますか?

英語を勉強するにあたり誰でも一度は通る道があると思う。

例えば…

-発音に自信が無くて日本語話す時に比べていつも声が小さくなる。

-自分の発音が日本人っぽくて恥ずかしい。

-文法ミスを気にしちゃって言いたいことはっきりを言えない。

-他の留学生の英語と比べて自分の英語は下手だからやる気無くした。

-英語難しすぎるからもう諦めたい。。。

1度でもこう思った方はいらっしゃいますか??

はい。自分です。海外フリーターです。

英語はある程度のレベルまでは向上できますが、ある一定のレベルより上に行くのは簡単ではないと思っています。

でも、英語を話す上で僕も含め英語に悩んでる人が忘れている重要なことが一つありませんか??

そう。それは、所詮英語は英語という事です!

確かにネイティブな発音の方が相手に伝わりやすいしカッコイイと思う。

でも単純に日本生まれ日本育ちでネイティブの発音を完璧にコピーすることは難しくない?

オーストラリアに4年半、カナダに1年半、タイに1ヶ月住んで思ったことは…

英語なんて最終的に通じりゃ何でもいい!

最初はジャパニーズイングリッシュでも何でも構わないし、己のスタイルで堂々と英語を話すべき!

英語は英語。

English is English and there’s nothing more than that!

英語は相手とのコミュニケーションを取る上でのツールあるいは手段でしかないし、発音とか文法は確かに大切だけどそこまでこだわる必要がないと思う。

もちろん、ニュースキャスターや通訳レベルになってくると話はまた別だけど。

何が言いたいかというと…

せっかく英語を話すチャンスがあるのだからビビらず不安な気持ちを捨てて思い切って話そう!!ってこと。

英会話に関しては家で教科書を眺めてフレーズをチェックする時間も大切だけど外で実際に人と話してアウトプットするのも大切。

英語ができないと自信を無くしている方も自分の英語に自信を持って話すことによって新な扉を開けられるかもしれませんよ。

Be confident and speak with your passion!

ブログを読んでくれてありがとうございます!

海外フリーター